日商PC検定試験とは

画像の説明

企業実務における文書作成や表計算・プレゼン資料作成などのアプリケーションソフトの利活用能力を問うとともに、ネットワーク環境下におけるITの利活用に資する知識・スキルを問う日本商工会議所の検定試験です。教室では試験対策のレッスンもできます。


文書作成

Microsoft Wordを活用し、正しくビジネス文書の作成や取扱ができるかを問う試験です。

データ活用

Microsoft Excelを活用し、表やグラフの作成、業務データの処理を行い、的確なデータ分析や効果的な資料の作成等ができるかを問う試験です。

プレゼン資料作成

Microsoft PowerPointを活用し、目的に応じた適切で分かりやすいプレゼン資料を作成できるかどうかを問う試験です。

各級のレッスン

文書作成データ活用プレゼン資料
1級×××
2級×××
3級
Basic対象外

※2級・3級・Basicの試験はキャロットパソコンで試験が受けれれます。
※生徒様でない方でも試験だけ受けることができます。

各級の試験料金

文書作成データ活用プレゼン資料
1級10,480円10,480円10,480円
2級7,330円7,330円7,330円
3級5,240円5,240円5,240円
Basic4,200円4,200円対象外

※試験料金は各級1教科の税込金額となります。
※1級は当教室での試験はできません。

画像の説明

ビジネスキーボート検定

ビジネスキーボードとは

画像の説明

ビジネスキーボード認定試験は、キータッチ2000テストの中・上級のレベルにあたり、ビジネス実務で要求される「タッチタイピングの速さと正確さ」を重視した試験です。試験科目は、「日本語」「英語」「数値」の3科目あり、科目ごとに入力文字数に応じて、SからA、B、C、Dまでの5段階で技能認定します。

ビジネスキーボード

出題内容は、ビジネス実務で使用されている単語や文章等を中心としているために、実務に即したキーボード操作能力を身につけられます。また、ビジネス実務では、誤字脱字などのために、せっかくの企画書が台無しになってしまうことがありますが、この試験では、速さだけではなく、正確なタッチタイピングの能力を習得することができます。

キータッチ2000

10分間でしてされた文字を入力する検定試験になります。合否の判定はなく入力できた文字数で認定されます。認定された文字数で日本商工会議所の正式な技能認定証明書カードが発行されます。

検定料金

ビジネスキーボードキータッチ2000
2,620円1,570円

※試験料金は各級1教科の税込金額となります。
※1級は当教室での試験はできません。

画像の説明